風呂の水のトラブルに関係する給湯器の問題

風呂にシャワーがついているのは、なにも不思議なことではなくなりました。それどころか、付いていない方が珍しいと感じられるようになりました。シャワーが便利なことは確かですが、給湯器 水漏れが発生するといった水のトラブルが起きる可能性を考えておかなければいけません。普段当たり前に使えるからこそ、いざという時に慌てず対処する必要があります。

■お湯にならないときにチェックすること

風呂の水のトラブルで、お湯がうまく出てこないということを経験したことはないでしょうか。温度設定していてもなかなか温まらないというのも問題です。給湯器を使う家庭では、こうした問題が出た場合、色々な設定がどうなっているか確認しましょう。
お湯にならない理由はいくつかあります。ガスの元栓が締まっていて温めることができない状態は、意外にも盲点でありよく起こる問題点です。台風でガスが揺られてしまい、自動でストッパーがかかったというのも、温まらない問題につながります。
もっと大きなトラブルとして、内部のセンサーが異常をきたしている状況も考えられます。給湯器本体の問題になるため、修理が必要になるでしょう。

■部品も時間とともに劣化する

給湯器も使っていくうちに劣化します。これは逃れることができない問題です。内部から水漏れを起こしたときなどは、部品の経年劣化も疑がわなければいけません。部品の経年劣化が起きると、他の部分も連鎖的に故障する可能性が高まります。良い状態で保っておくため、取り付けてから7年から10年経った時には、交換を考えておくと間違いありません。

■まとめ
給湯器も機械である以上、問題なく使い続けられるわけではなく、どこかが故障することもあります。メンテナンスも必要で、部品も交換しなければいけません。だんだんと劣化も進むため、点検も必要でしょう。修理するときには、電気もガスも使っているため、自分で手を出さず専門会社に依頼しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ